熱中症ってなに!?予防と対策。

2020.08.03

ついに金沢も梅雨明け宣言が出ました!!

今年は雨の日が多くやっと梅雨が明けた感じですね。


ニュースなどでは毎日



熱中症が報道されています…

熱中症はこの時期どうしても増えてくるので


正確に熱中症の事を知ることが大切になってきます。






なので熱中症について簡単にまとめましたので




今回は




熱中症について。予防と対策




と題して書いて行きたいと思います。









では早速。




まずは


熱中症とは??




熱に中る(あたる)という意味で暑熱環境によって起こる障害の総称。





と定義されてるみたいです。






熱中症はその病態によって3つの病型に分類されます。

*血管拡張によって一過性のめまい、失神を起こす熱失神も含めて4つに分類される場合もある。





①熱疲労


脱水によって起こります。

全身倦怠感、 脱力感 、めまい、 吐き気、 嘔吐、 頭痛

の症状があります。

体温の上昇は著名ではなく発汗が多く

血圧低下、頻脈、皮膚蒼白 とまります。

一般的に1番多い熱中症です。





②熱けいれん


大量の発汗があって水のみ補給した場合に起こります。

主たる病態はNa欠乏性脱水とされています。

筋の興奮性が亢進して四肢や腹筋の痙攣と筋肉痛が起きます。





③熱射病

脱水によって体温調節機能が破綻した状態。

高体温と意識障害が特徴的。


血液凝固障害や

脳、肝、腎、心、肺などの全身の多臓器障害を合併し、死亡率も高い。



熱射病は死の危険が迫った緊急疾患であり

冷却の処置をしながら一刻も早く集中治療

の出来る病院へ運ぶのが望ましい。






この3つの分類に分けられます。




熱中症を予防するためには



①こまめに水分を補給する。


水やお茶も良いが、ミネラルも一緒に摂取出来るスポーツドリンクが理想。


ただスポーツドリンクは糖分が多すぎるた
め理想は糖分が少なめでミネラルが多い

OS-1 経口補水液がよい。





少しまずい??らしいが…

気をつける事は水だけを大量に摂取しないこと。熱けいれんになる恐れがあるため。


②無理せず外出しない。

湿度が60%を超えると気温が30℃以下でも熱中症になる確率がグンと上がります。

気温が高いときは無理せず外出しない。

湿度が高いときはより注意が必要になります。


③クーラーをケチらないで使用する。



冷房が苦手だから…と使わないで

熱中症になる方が沢山います。

26〜27℃が推奨されてますが

28〜29℃でも扇風機を使えば十分涼しくなります。




もし熱中症になってしまったら。

まず



①涼しい場所に移動する。



②服を緩めて寝かせ水分を補給する。



③水をかけてあおぐなどして体温を下げる。 



④太い動脈がある頚部、脇、鼠径部を冷やす。




が大切になります。



これからも暑い日が続きます。

皆さん無理せず元気に生活しましょうね!


おすすめの記事

頭痛を防ぐライフスタイルとは?

2022.03.23

記事を見る
ビールよりおつまみの焼き鳥の…

2022.01.14

記事を見る
レモンより多い!ビタミンCがた…

2022.01.11

記事を見る
免疫力アップからがんの予防効…

2021.08.12

記事を見る
夏本番!!スタミナ料理で体は…

2021.07.29

記事を見る
肩こり【胸椎】診てますか!?

2021.06.23

記事を見る
あくびは酸素不足のサイン!?…

2021.06.23

記事を見る
肩こり改善には【胸椎】の動き…

2021.04.08

記事を見る
肩こり改善!?自然治癒能力を…

2021.02.16

記事を見る
睡眠の質を上げると肩こりも改…

2021.02.05

記事を見る
体温を温めると肩こりが改善す…

2021.01.27

記事を見る
身体の事を考えて食品選んでま…

2021.01.14

記事を見る
※電話予約受け付け時間 月曜~日曜 7:00~22:00(不定休)